剃刀被害をするのが不快で手全体を脱毛をした石島君(27年代)の脱毛評価

夏になると半袖になる機会が手広くゲンコツをもたらすことも伸びる結果、その期間は絶えず自分で処理していました。
剃刀が早いのでよく使っていたのですが、そのたびに剃刀負け戦を通じて荒れたり赤くなったりすることが面倒でした。
あまりにもトラブルが凄いときは、暑いのに長袖をはおることもありました。

あんな身がゲンコツ全体の脱毛をしたのは、剃刀負け戦がいやだったからだ。
スキンがただれるという痒くなるので仕方なく掻いてしまうこともありましたし、そのせいでスキンがボツボツの際立つ汚いスキンになっていくようで、このままではダメだと思ったのも機会でした。
脱毛はきついものだと事前に聞いていて少々不安でしたけど、想像していたよりもそれほど痛みがなくて安心して受けられました。

脱毛の結果が出るまでには、総じて1年代限り通いました。
少し面倒な部分もありましたが、今ではムダ毛の目立たないスキンになることができました。
それに、今までの自己処理の煩わしさから解放されたことも凄い嬉しいです。

▲ページトップに戻る