全身脱毛の作用

全身脱毛は、成育期で皮膚の外に出ているヘアーを施術して行くポイントだ。
施術しているとき表皮の中では、発毛前のヘアーがスタンバイして要る状態であり、ヘアーペースを通じて生えてきたときに、また同じように治療を行います。
これを増やす結果、ヘアーの本数をつぎつぎ減らしていくのです。

あんな全身脱毛に働きを求めるならば、ニードル脱毛が最適です。
専門の針を毛孔に刺し、電気を送りながら毛根を破壊する結果、高い効果が期待できます。
但しヘアーの1本1本を施術していきますので、相当な時刻がかかってしまうし、針を刺した時折手強い痛みを感じる人も多いだ。
また、術が必要な結果料金もひどく高額です。

これらの要素を考慮すると、医療レーザーでの全身脱毛の方が安心です。
ニードルよりは痛みがないですし、高い出力のレーザーを照射するだけで、毛根パーツを確実に壊していきます。
治療した毛根からはおんなじヘアーが更に現れることはありませんから、ある意味、即効性があるとも言えるのです。

▲ページトップに戻る